中堅管理栄養士の勉強部屋

中堅くらいの管理栄養士が、プライベートに振り回されながらも、栄養士としてだれてしまわぬよう、勉強の記録を書いています。

調理学

今日の献立は、チキンカツだった。

既製品じゃないフライ久しぶりに作りました。

厚みがある肉は小さくてもかなり火が通るのに時間がかかりますね。10時少し前から揚げても良かったかもしれない。

もやしの納品日に気をつけないといけない。

消費期限が近すぎる。

仕事の反省はそんなものかな。

 

調理学の基礎をひとつ。

油の温度の目安。

衣を少し落とした際に、一旦底まで沈んですぐ上がるものは160度。

途中で引き返して上がるものは180度。

表面ではじかれ、焦げるものは200度。

何となくそんな感じかと思っていたけど、実際文字にすると分かりやすいな。

せっかくなので今日は調理学の痒かったところをまとめてみようと思う。

計量スプーンの食品重量。

酢・酒は、5g・15g。

しょうゆ・みそ・みりん・塩は、6g・18g。

油・バターは、4・12g。

上白糖・小麦粉・片栗粉は、3・9g。

マヨネーズは、4・12g。

ケチャップは、5・15g。

すごい、改めて見てすっきりした。

いつも献立を調べたレシピから作る時だいたいだったから生かせそう。

 

教科書に一緒に食品の重量も書いてあるから載せておこう。

さつまいも250g

玉ねぎ・じゃがいも200g

こんにゃく250g

豆腐300g

トマト150g

ミニトマト8g

なす60g

卵黄15g卵白30g

 

調理学も改めて勉強すると面白いかもしれない。料理だから雑学っぽくなるのが残念なところだよね。

 

先日、日曜に知人のオンライン研修を受けた。

医療系の方が多いから分からない内容が多く勉強になる。

今回はレントゲンとCTの見方だったけど、少し見方を聞いただけでも何となく分かるようになるから面白い。ケアマネ の時にムンテラとかで見ていたから何となく分かるようなところが、少し分かるようになった感じかな。

実際に仕事で使って自分の知識に出来たらいいのにな〜と思いながら栄養士求人を調べて、いつも特に良い求人なく終わる。

栄養士の給料って本当どうにかしないと只々食べ物作る人だけで終わる資格になってしまうよね、、、せめて昇給望めるとかにならないのかなと思うけど難しいかな。

私も今の仕事が1番楽なのに、1番今までで給料が高いという何とも複雑な思いを抱えています。

 

明日は自分の分野の障害の教科書を読んで、書き記そうかなと思います。

何かブログ書くと栄養士としてのモチベーション上がるかも(^^)

暑いけど明日も頑張ろう!!